掃除・リフォーム

電気スイッチカバー交換で雰囲気をガラリと "今風に" 変える!DIYの方法と注意点

投稿日:

電気スイッチカバー/ホタルスイッチ1つ

電気スイッチは自分で交換できます。しかも1枚あたり数百円です。

大掛かりなリフォームをしなくても、ガラリとマンションの雰囲気を "今風っぽく" できるので非常におすすめです。

見た目は重要

言うまでもないことですが、中古マンションを買いに来る方は、実際に物件を見に来ます。そう、内覧です。

内覧では、見た目がすべてといっても過言ではありません。

電気スイッチひとつとっても、バカにできません。

電気スイッチカバー/従来タイプ

従来の電気スイッチカバー

上記のようなスイッチも、まだまだ日本中では多いと思います。特に不便なこともないです。

しかしながら、やはり古さを感じさせてしまう要因のひとつです。

以下は、実際に僕が交換した電気スイッチです。

電気スイッチカバー/ホタルなし

1つボタン。

電気スイッチカバー/ホタルスイッチ1つ

1つボタン。ホタル機能(スイッチオフ時に表面の小さなLEDが光る)あり。

電気スイッチカバー/ホタルスイッチ2つ

2つボタン。ホタル機能あり。

ずいぶんと見た目の印象、イメージが違うと思います。

大金をかけてフルリフォームしなくても、たった数百円でこの古さを払拭することができます。

 

おすすめはパナソニック「コスモ21」

電気スイッチカバーは各社から様々なアイテムが出ています。

お好きなものを選んで買えばOKですが、おすすめはパナソニック「コスモシリーズワイド21」です。

  • 安い(Amazonで600円~1,500円くらい)
  • シンプルで万人受けする
  • 壊れない
  • レビュー評価も高い

などの理由が挙げられます。

おそらくこの手のスイッチカバーとしてはもっとも有名な商品なので、ホームセンターなどで店員さんに質問しても、だいたいは答えが返ってきます。

普通の一般人でも、自分でDIY交換できる点も気に入っています。

 

電気スイッチカバーの交換・取付方法

電気スイッチカバーの内部

金属プレートを外したところ

  1. ブレーカーを落とす
  2. カバーを外す
  3. 金属プレートを外す
  4. 配線コードを抜く
  5. 配線コードを新しいスイッチに差す
  6. 金属プレート・カバーを戻す
  7. 点灯テスト

大まかな流れは上記の通りですが、それぞれもう少し説明します。

1.ブレーカーを落とす

作業前に必ずブレーカーを落としましょう。死ぬことはないですが、感電すると結構ビリっと来て痛いです。

2.カバーを外す

マイナスドライバーを使って、プレート下側にあるスキマから外します。

3.金属プレートを外す

上下に金属製のネジが2つ付いているので、それぞれ外します。

4.配線コードを抜く

マイナスドライバーを差し込むと、固定されている配線コードが緩みます。少しコツがいりますが、マイナスドライバーを差しながら引き抜きます。

5.配線コードを新しいスイッチに差す

配線コードを差す時は、そのまま差せば固定されます。しっかり奥まで差し込み、軽く引っ張り抜けないか確認してください。

6.金属プレート・カバーを戻す

取り外した時の、逆の手順で戻します。ネジの緩みがないように、きっちり締め込みます。

7.点灯テスト

ブレーカーを戻し、スイッチテスト。正常にオンオフできれば完了です。

 

電気スイッチカバー交換取付の注意点

感電しないようブレーカーを落とす

上述しましたが、必ず作業前にはブレーカーを落としてください。

家庭用コンセントは100ボルトなので感電死することはありませんが、普通に痛いくらいには感電します。

マイナスの配線と、プラスの配線を同時に触ると感電しますので注意してください。電気を通さないゴム手袋などを使うのも策です。

複雑な配線は自信がある方のみ

単純な普通のスイッチなら、問題なく交換取付できるでしょう。

しかしながら、中には複雑な配線のスイッチもあります。

電気スイッチカバー/換気扇連動ほたるスイッチ

換気扇と連動しているタイプ。トイレやお風呂などに使われていることが多い。

電気スイッチカバー/従来タイプ

1つの照明を2つ以上のスイッチから操作できるタイプ。廊下などに多い。

上記の換気扇連動タイプは、対応商品が売っているのでなんとかなります。パナソニックのコスモシリーズでいうとこの商品などです。

しかしながら、「1つの照明を2つ以上のスイッチから操作できるタイプ」は一般人では難しいです。

ネットなどで調べてみても、いまいち我が家の場合はどうするのか?の明確な答えがわかりませんでした。

こういった複雑な配線の場合は、自信のある方のみにしておいてください。そうでないなら、電気屋さんなどのプロに依頼しましょう。

 

まとめ

1,000円以下で、見た目を "今っぽい" マンションのイメージにできるのでおすすめです。

最初の1個目の交換取付さえできれば、慣れてくると1個あたり3分くらいでできるようになります。

意識的ではないにせよ、内覧時に必ずといって言いほどに、電気スイッチは目に入ります。

少しでもあなたのマンションの印象を落とさないよう、こうした細かい箇所にも気を配っておきたいところです。

仮にスイッチが10ヶ所あったとしても、20,000円以内ですべて交換できるはずです。

このスイッチ交換のおかげで、たとえば100万円の値引きを防げたとしたら、とてもコスパのいい投資だと思いませんか?

※追記】 相続することになる実家マンションを一括査定してみたところ、業者によって600万円も差がありました。まずは客観的な価値(価格)を知ることから始めてみてください。

NTTグループが運営する一括査定
HOME4Uの公式サイトへ

賃貸でもお馴染みホームズの一括査定
ホームズの公式サイトへ

-掃除・リフォーム

Copyright© マンション売却の流れとコツ | マンションうーる , 2018 All Rights Reserved.