相場より200万円以上も高く売る方法

マンション売却の流れとコツ【まんしょんウール】

不動産会社・査定サイトの口コミ評判

【評判】おうちダイレクトの口コミ・実績は?失敗しないコツ・注意点

更新日:

IT大手のYahooの技術力を使って、不動産に攻め込んできた「おうちダイレクト」。

ちょっとコケているようですが、なぜなんでしょうか。特徴や評判・口コミを調べてみました。

おうちダイレクトとは

おうちダイレクトとは、ヤフーとソニー不動産が共同で運営している不動産査定サイトです。

細かい点は色々ありますが、大きな特徴は以下の通りです。

  • ヤフーによる強力な広告露出
  • 売り主側だけを担当(片手仲介)
  • 対象エリアは1都3県のみ

それぞれ詳しく見ていきます。

ヤフーによる強力な広告露出

日本一アクセスがあるサイトYahoo JAPANが運営母体でもあるので、その膨大なネットワークを活かすことができます。

ヤフーは独自にヤフー不動産というサービスも持っているのですが、これらも使い、あなたの物件を日本全国へ広告宣伝します。

おうちダイレクトとでは「広告掲載量の最大化」と呼んでおり、新たな買い手を見つけるにあたり、広告量が多いに越したことはありません。

売り主側だけを担当(片手仲介)

おうちダイレクトは片手仲介ですので、100%売り主側の味方です。

不動産仲介には「両手仲介」と「片手」ありますが、両手仲介は1つの業者が買主側も売主側も担当するため、いわば売主側の味方度合いは50%です。


(詳しくはこちらの記事もご覧ください)

片手仲介であるおうちダイレクトだからこそ、完全に売り主目線(つまり高値になるよう)で物件売却を進めてくれます。

対象エリアは1都3県のみ

特徴でありデメリットでもありますが、おうちダイレクトの対象エリアは1都3県(東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県)のみです。

共同運営しているソニー不動産の対象エリアがここのみなので、仕方ないことかもしれません。

都心部に特化していることはメリットですが、郊外の方にとってはここは不満を感じてしまう点かもしれません。

 

おうちダイレクトの評判・口コミ

リアルな声が聞けるTwitterを中心に集めてみました。

(おうちダイレクト成功!)

(おうちダイレクトから毎週のようにうちのお値段が100万円以上大きく変わりましたで上がったり下がったりのメールが来るが、どうやって急に値段が変わっと認定するんかな…ズバリテキトー…)

 

(おうちダイレクトで自宅の不動産価格を推定してもらったところ、一般の不動産業者よりも2割低い査定金額だったのでいまいち流行ってない理由がわかった気がします。そこは嘘でも高い金額を提示しないとソニー不動産で売ろうという気分にならない)

 

(案件発掘力という意味では、ソニ不の「売主の味方」って視点はとても良いと思いましけど、なんで「おうちダイレクト」に移行していってしまったのかな…。)

 

(マンションの売却を検討している。不動産販売君に詰められた疲れからか、不幸にもおうちに高値で掲載してしまう。Yahoo!をかばいすべての責任を負った不に対し、物件の主に言い渡された示談の条件とは…。)

 

(おうちダイレクトやめて、普通にソニー不動産だけにした方が高く査定結果出たんだけど。最初からこっちにすりゃよかった。)

 

Twitterの他にも調べたところ、日本経済新聞に実績について載っていました。

「おうちダイレクト」を手掛けるヤフーとソニー不動産(東京・中央)。仲介業者頼みの現状に風穴を開けられると注目を集めたが、サービス開始から3カ月がたって成約に至ったケースはない

引用:日本経済新聞

なんと最初の3ヶ月では成約ゼロとのこと。最新情報は公開されていませんが、思ったほど実績を出せていないことが明るみに出ました。

 

おうちダイレクトのコツ・注意点

上記の口コミ評判でも紹介しましたが、あまりいい評判は聞かないです。。

ソニー不動産単体だとそうでもないのですが、ヤフーと一緒にやっているおうちダイレクトはあまり良くないみたいなんです。

不動産のプロではないヤフーと共同でやっているから、どこかしらでツメが甘いのでしょうか。

利用する価値があるのは、

というやり方でしょう。

わざわざ評判が悪いおうちダイレクトに依頼する理由はないと思います。

 

まとめ

IT界のドン、Yahooだとしても不動産はまだ攻略できていないようですね。

これがもしGoogleだったらまた別の結果になっていたかもしれません。

まだまだ不動産に関しては、これまで通り専門の "プロ" 達に任せたほうが良さそうです。

※追記】 将来的な売却を考えているので、マンションを一括査定してみたところ、業者によって600万円も差がありました。まずは客観的な価値(価格)を知ることから始めてみてください。

家売るならチェック!

当サイトTOPページでマンション売却の流れ・コツを徹底解説しています。

-不動産会社・査定サイトの口コミ評判

Copyright© マンション売却の流れとコツ【まんしょんウール】 , 2019 All Rights Reserved.