高値で売るために

手作りレポート・チラシで魅力アピールし売却価格をアップする方法

更新日:

マンション売却にあたっては一括査定の申し込みさえすれば、ほぼ全てのことを不動産会社がやってくれます。

ただし、そのマンションに実際に住んでいたあなたにしかできないこともあります。それが、手作りのレポートです。

完成イメージ

魅力を "見える化" します。手作りのレポートは、強力なプレゼン武器として活躍してくれます。

A4のペラ1枚ものだとしても、十分にインパクトがあります。

マンション不動産売却に役立つ手作りのチラシ・ビラ・プレゼン資料・レポート

文字で語るより、視覚的に訴えた方が100倍効果あります。百聞は一見にしかず、とはこのことです。

上記イラストはあくまで一例ですが、できるだけ早く&できるだけ高く売るなら、このようなレポート・チラシは用意しておきたいものです。

なぜ手作りレポートが必要なのか

サイトや不動産会社だけでは不十分

スーモやアットホームなどのポータルサイトを見れば、ある程度は物件についてわかりますが、機械的にスペック情報が並んでいるだけでは魅力的には感じられにくいです。

また不動産会社に売主であるあなたが熱心に魅力や長所を伝えたとしても、買主にしっかりと伝えてくれることは期待できません。すべてを把握することは困難ですし、なによりも "熱い想い" が伝わりません。

サイトだとしても不動産会社だとしても、せいぜい、ありきたりなマイソクを見せられて終わりでしょう。目の肥えた買主にとって、マイソク程度の情報しかないと購入検討にあがらない可能性があります。

住人だからこそわかる良さ・口コミ

そのマンションの住人にしかわからない魅力、地域の良さなどがあるはずです。

不動産会社の担当者がいくらプロとは言え、この部分についてはあなたが圧倒的に熟知しているはずです。

売主自ら長所や魅力をレポートにまとめることで、リアルな良さ・口コミが "刺さり"、 買主の心を大きく動かせるかもしれません。

もちろんスペック比較などもありますが、最終的に "人は感情でモノを買う" のです。

魅力・アピールポイントの例

あなたが魅力と感じることであれば何でもOKです。

大切なのは「どんなに楽しい生活が待っているか」を鮮明にイメージさせてあげることです。

部屋の広さ・設備

リビングやキッチンの広さ、お風呂やベランダの広さはアピールポイントです。

食洗機や床暖房、浴室乾燥機などは人気なので、設備としてあるならば必ず載せたいところです。

日当たり・階

南向き、南東向きであれば日当たりがいい魅力的な物件になります。部屋に陽が入る時間帯など入れると親切です。

また一般的にはマンション高層階であればあるほど、価値が高まります。2階以上であるなら、階数も載せておきましょう。

駐車場の有無

クルマ所有者にとっては駐車場の有無は、非常に重要です。

平面置きなのか、機械式(立体置き)なのか。機械式なら、どのサイズのクルマまでOKなのかも明記すると喜ばれます。車高に制限がある場合が多いです。

なおマンション売却において、駐車場は引き継げないことが普通です。マンション管理規則によりますが、詳しくは以下の記事をご覧ください。

駐車場の引き継ぎ方法/マンション管理規則によって可否が異なる

駅・スーパー・学校までの距離

駅から歩いてどのくらいなのか、はほぼ全員が気にするといっても過言ではありません。

またスーパーやショッピングモールまでの距離、ファミリー世帯にとっては小中学校までの距離なども気になるポイントです。

近くにコンビニもあれば、積極的に載せておきましょう。

近所のおいしい飲食店

和洋中、それぞれどこが美味しいのか。あなたの主観でいいので、おすすめレストランがあれば載せましょう。

お酒好きの方であれば、居酒屋やバーなどの情報も喜ばれます。

休日のおすすめスポット

土日祝日に過ごせるカフェ、図書館、お散歩コース、スポーツジムなどの娯楽情報が気になる方もいます。

子供がいるファミリー世帯向けに、近所の公園や遊びスポットなどもあれば、厳選して載せておきましょう。

レポートの活用方法

サイトへの掲載

スーモやアットホームをよく見てみると、画像を何枚か載せられるようになっています。

間取り図や室内写真だけではなく、ここに手作りレポートを載せられたら効果絶大です。多くの方の目に触れるチャンスです。

レポート資料をスキャンして画像データにし、仲介をお願いしている不動産会社に頼めば、掲載を検討してくれるはずです。

不動産会社に設置

仲介をお願いしている不動産会社の店舗に置いてもらいましょう。狙いは、来店した方に見てもらうためです。

店内に張り出してもらえたら嬉しいですが、そうではなくとも、不動産会社にカラーコピーしたものを30枚ほど渡しておきます。

あなたのマンションに興味を持った方が現れた際に、強力な武器として渡してもらうためです。

問い合わせ時にメール送付

スーモやアットホームから問い合わせが入ると、仲介をお願いしている不動産会社が対応することになります。

通常はマイソクを添付返信するだけのことが多いのですが、この時に手作りレポートも添付できれば、大きなアドバンテージになります。

受け取った側としては、ありきたりなマイソクだけだと何とも思わないかもしれませんが、手作りレポートが来たら興味を引くかもしれません。

「他とは違うマンションだな」「気になるな」と思ってもらえれば、早かれ遅かれ内覧に来てくれることでしょう。

内覧時に直接渡す

内覧は、あなたのマンションをアピールする最大のチャンスです。

面と向かって直接コミュニケーションを取りながら、魅力や良さについてお伝えするのは当然ですが、お客さん(購入検討者)の手元に手作りレポートがあるとより効果的です。

1枚の紙に魅力がまとまっているので、それらの魅力により注目してくれるようになります。話題の中心も、それら魅力についてになるので、ポジティブな雰囲気を作り上げることができます。

帰宅後にも視覚化されたイラストを見ると、内覧時にチェックした魅力ポイントを思い出してもらいやすくなります。

内覧時のコツや注意点は、以下記事で詳しく解説しています。

【内覧のコツ】居住中マンションでの準備・掃除ポイント/内見当日の注意点

まとめ

レポートをつくるのに丸1日かかったとしても、仮に100万円高く売れれば、あるいは100万円の値引きなしで売れれば、日給100万円の仕事をしたのと同じことになります。

ちょっとしたことで「欲しい!」という買主のモチベーションをあげることができますので、是非とも「日給100万円以上」を目指して取り組んでいただきたいです。

※追記】 相続することになる実家マンションを一括査定してみたところ、業者によって600万円も差がありました。まずは客観的な価値(価格)を知ることから始めてみてください。

NTTグループが運営する一括査定
HOME4Uの公式サイトへ

賃貸でもお馴染みホームズの一括査定
ホームズの公式サイトへ

-高値で売るために

Copyright© マンション売却の流れとコツ | マンションうーる , 2018 All Rights Reserved.