相場より200万円以上も高く売る方法

マンション売却の流れとコツ【まんしょんウール】

マンション売却体験談

【マンション売却体験談】新築2500万円マンションを売却した時の4つのポイント(神奈川・40歳男性)

更新日:

私は40歳の会社員の男性です。神奈川県に住んでいます。

現在も神奈川県に住んでいますが、過去の自分の持ちマンションを売って、一軒家を購入しました。

中古マンションは、3DKのマンションであり部屋の広さは50㎡を少し超えるくらいで、ギリギリ住宅ローン控除が使える広さでした。

マンションは駅から徒歩20分かかり、200以上戸数がありました。自転車を使用すればまっすぐな道であったため、自転車であれば10分で駅までは到着します。住環境は悪くないと思います。

私がマンションの売却を考えたのは、子供が生まれて50㎡の3DKのマンションでは少し狭い感じがしたため、どうせならば一軒家をこのタイミングで購入しようと考えたからです。

私は、売却を行うにあたり残っていた住宅ローンがありましたが、住宅ローンを一括で返済しました。理由は、売却をお願いした不動産会社さんからローンをなくして売却した方が、売りやすいと案内を受けたからでした。

また、一軒家を住宅ローンにて購入を考えていたため住宅ローンを完済する必要があったからです。

私の希望する一軒家はすぐに見つかりました。新築で金額は2,500万円でした。売却してから購入しようとも考えていたのですが、不動産を売却する場合は売却不動産にだれも住んでいないほうが、内見等もしやすくまた売りやすいと説明を受けていました。

実際、購入よりも先に売却依頼を行っていたのですが、売り主が住んでいるとなかなか内見できないだけでなく、売り主である私のプライベートがみられている感じがして私自身も嫌でした。

売却にあたり複数の不動産屋さんに査定をお願いしました。まずは、インターネットにて依頼をかけ何社からか金額の査定がありましたが、中には驚くような金額を提示してくる業者さんもありました。

そして最終的にはもっとも査定額の高かった大手の不動産屋さんに頼みました。前回購入していた際の不動産屋さんでもあったことも選んだ要因の一つでした。

新築の一軒家を購入する手数料・住宅ローンの手数料などで私は持っている金額のほとんどを失ってしまい、正直気持ちが焦っていました。早く売却できないかいつも気にかかっていました。

私のマンションは10階建ての2階であり他の階数のマンションも売りに出されていましたが、他のマンションよりも100万安い金額で売りに出していました。

あとで知ったのですが、2階はあまり人気がないようでした。私が購入した時も、他の階よりも100万円ぐらい安かったです。半年経っても売れなかったため、かなり気持ち的にはまいってしまいました。

何度か、不動産買取業者さんに買取りも考えましたが、買取金額は相場の半分ぐらいの業者さんが多く、不動産屋さん(私が依頼していた方)も我慢して普通に売ったほうがいいですよと進めてくれました。

売り出しから1年経過し、私はまた100万円下げました。他の階のマンションよりも200万円下げたのです。すると、突然内見が多くなり、下げてから1ヶ月も立たずに売却できました。

私が感じるマンション売却のコツのポイントは以下の4つです。

  • 売却前にローンを完済する
  • 内見のために引っ越しておく
  • 一括査定で高評価してくれる業者を見つける
  • 売れなかったら思い切って値下げする

不動産の売買は根気が必要です。購入する際は特に考えなくてもいいですが、売却するときが購入の2倍以上疲れました。

買取業者に売らず、我慢して売却を待ってよかったと思っています。

※追記】 相続することになる実家マンションを一括査定してみたところ、業者によって600万円も差がありました。まずは客観的な価値(価格)を知ることから始めてみてください。

家売るならチェック!

当サイトTOPページでマンション売却の流れ・コツを徹底解説しています。

-マンション売却体験談

Copyright© マンション売却の流れとコツ【まんしょんウール】 , 2018 All Rights Reserved.